旅人の宿 三輪舎

facebookページ

カナディアンロッキー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

料理

2014年12月15日 (月)

今年最後になるか?

Pc150054

 昨日、友人へ送るリンゴを買いに望月に行った折に今年最後になろうかと言う「紅玉」も一緒に購入。 

 そして今日早速ジャムにすべく作業開始! 一袋は薄くカットし、もう一袋は擦りおろして加えてみた。 いつもは剥いたリンゴの皮も一緒に煮込んで色も付けるのだが、今日は思い立って色は付けなかった。  決して忘れたわけでは無い!!

 これが今年最後のジャム作りになろうか? しかし先刻冷凍庫を開けたら、忘れていた・若しくは忘れた事にしていた大量の冷凍プチトマト、僅かばかりのイチゴにブルーベリーが微笑みかけて来たので慌ててフタを閉じ、走って逃げて来てはいる・・・

2013年9月30日 (月)

二色のソースの行方

 

Dvc00016    

 ようやく週末に一人前のソースに仕上がった。  ここまで煮詰めるのに造り始めから4時間はかかる。

 しかしこんなに味の濃いソースになるからこそどれほど時間がかかっても作るのだ。

 この週末にはこのソースは三輪舎農園で採れた今シーズン最後になろうかと言うナスと共にパスタになった。

 残りは小分けにされて冷凍庫でしばしの眠りにつくのだ。  作物の採れないこれからの季節には心強い味方になってくれる。

 肉料理のソース・パスタのソース・そしてスープの味付けにと万能なのだ!

Dvc00017
 そしてやはり同じ時間をかけて仕上がったのが黄色いトマトのソース。  畑の黄色いプチトマトを使って仕上げたモノ。

 しかしこのソース、色は綺麗なのだが用途が決まっていない。  味は紛れも無く「トマト味」なのだが、料理にどう使っていこうかと思案中だ。 

 いきなり黄色いトマトパスタってのもインパクトは有るが、単なる「ビックリ料理」扱いされても可哀相だしなぁ・・・

まぁおいおい考えていこうか!

 目下の問題はマダマダ収穫は続きそうで、ソース製作4時間一本勝負も続きそうなことか・・・

冬籠りの準備はこれからが本番だ!!

2012年8月31日 (金)

冬への備え

Sscn1996

 昨日の大量のプチトマトはこうして見事にソースへと変身を無事遂げた。  写真ではやや茶色が強く見えるが、実物はもっと赤い。  黄色いソースももう少し鮮やかだ。

 こうしてこれらはちょっと自慢の大きな冷凍ストッカーへと運ばれて、しばしの間眠りにつくのだ。  そして秋から冬にかけて料理に行き詰ると出番となり、ワタシをたすけてくれるのだ。

 これはホンの第一回目。  収穫の度にソースの製作は続く。  それもこれも冬への備えなのだ!

 しかしこれはやたら時間が掛かるんだよなぁ・・・・

2012年4月23日 (月)

使えるんだよ!!

Sscn1856 
 

 準備の済んでいない畑の中で、一際元気に伸びた草一本。
 

 いや、草などと言っては罰が当たる。元気なのもそのはず、これは「ニンニク」。

 まだ茎は伸びていない状態だが、この葉っぱが又料理に使えるのだ!!

 

 麻婆豆腐は当然、餃子の餡や五目餡の香り付け、本体のニンニク程きつい香りでは無いが、きちんと存在は主張する。

 

 改めて見回すと、去年ニンニクを育てたと思しき場所には列をなして育っている。 これだけあればGWには相当つかえるはず・・・  さて、何を拵えるか?

2011年11月30日 (水)

本物!

Sscn1731

 先日、埼玉のS木さんが「お土産だよ~!」と持ってきてくださった味醂。

 いつもはなかなか「良い」味醂は買えない。 普通に売られている物を買ってきて使うのだが、こういう本物の味醂は出来が違いそう。

 何せアルコール度数からして13%以上あるのだ。 勿体無いからまだ開封してはいないが、多分美味しいのではなかろうか・・・

しっかしこれで二日酔いにでもなったら塗炭の苦しみだろうナァ・・・ まぁそんなに「呑む」ことなど無いとは思うが。   S木さんありがとう! キチンとした和食を作る時に使わせてもらうよ。

2011年10月20日 (木)

夏の遺産

Nec_0307  いよいよ秋も深まり、最低気温も一桁が当たり前となった。 長い間頑張ったプチトマトもさすがに連日の霜には勝てず、赤く熟す前、もしくは青いうちに落ちたり腐ったりの状態になった。

 そしてとうとう最後の収穫となった。 この後は支柱を抜き去り本体を抜いて「さようなら」・・・   その最後の収穫はやはりトマトソースになる。

 このソースは既にパスタのソースベースとして実戦投入されていて、これがコクと甘みが素晴らしい!!  今後は肉料理のソース、魚料理など冬を共に乗り切るパートナーとしてキッチンにおいて不動の地位に就くのは間違いないだろう。

 写真はヘタを取り除いたトマトを半切りにして鍋に投入したところ。 この後煮詰めて濾して絞って又煮詰めて・・・そして冷凍庫へと運ばれていく。

 来年の夏までの量は無いかもしれないが、当分食卓を支えてくれるようだ。  我家もこれがお気に入り!

2011年8月 9日 (火)

あぁ今年もまた。

Nec_0280 そう、今年もまたやっちまったのである。 ズッキーニの葉っぱは結構大きい。 その葉陰に隠れていると、たまに収穫時に見落とすことがあるのだ。

 そして見落すとこんな大きさに育ってしまうのだ。 例年こんなサイズのズッキーニが発見され、結局始末に困るので今年は気を付けてはいたのだが・・・・    不覚!

 さてこのズッキーニ、どう料理したものか? また頭を悩ませて脱毛が進むのか?

 一番良いのは明日、満員になる事なのだが!

2011年7月21日 (木)

夏メニュー「三・コレ」

 皆様台風の被害には遭われなかったでしょうか? 長野は比較的影響は少なく、ニュースを視なければ単なる風の強い日・・・位のものでした。

 三輪舎でもトウモロコシが二本折れたのと、トマトの支柱が数本傾いただけでした。

 そんな中いよいよズッキーニが収穫の時期を迎えました。 昨日・一昨日と大学生がフィールドワークの為、連泊してくれたのでコレ幸いと早速食卓に・・・ 

Sscn1552_2 

 三輪舎・夏の定番「ズッキーニのポタージュスープ」

 夏になると三輪舎の夕食に何度と無く登場するのがこのスープ。

 確かに量を使うには良いのだが、何と言っても美味しい!

 毎年好評を頂くこの一品・今年もスタートです。

Sscn1553

 そしてこれも三輪舎の夏の夕食には欠かせない「ラタティーユ」。

 まだトマトが収穫できないので、トマトだけは市販品ですがそれ以外は畑からの直送品。

 ズッキーニ・茄子・ニンニク・スナップエンドウなど畑の賜物です。

 温かいままでも、冷たく冷やしても美味しい。

 畑の収穫も始まり、三輪舎の夏もいよいよスタート。 今年もクーラー要らずですよ!暑さにやられる前に涼みに来てください!!                

2011年6月10日 (金)

続・イチゴ

 昨日、一昨日と収穫したイチゴ・なんだか一昨日の収穫分は熟し具合が進んできたので、急遽朝からジャムにするべく行動開始!

Nec_0249  ヘタを取り除きながら流水洗い。 まぁこんなものなら面倒くさいと思う前に終了。

 桃の皮むきや、山葡萄ナドト比べれば物の数ではない。

 そして水気を拭いたら鍋に入れ、上から砂糖を振り掛ける。いつものように「田舎じゃコンナモノダロウ!」などとホザキツツ。

 なぁに足りなければ後からでも充分調整可能なのだ。

Nec_0251  

 しばらく弱火でコトコト煮込んだらお玉でイチゴをつぶして一段落。

 勿論好みで、イチゴをそのまま形を残して仕上げてもヨロシイ。

 冷えたらトロミを確認。 ゆるければ砂糖を足して再度火にかける。 ところが今回は見事にバッチリ!!

 サスガ俺様!!

Nec_0250

 しかしこれで完成とはいかない! 何しろ奥様OKが出なければ我舎では何も進まないのだ!

 とりあえずヨーグルトにのせて、オズオズと差し出すと大変な満足顔・・・

 ハイこれで完成!!

 しかし夕方畑を覗いてみると、今日採り頃のイチゴ達が「私も私も!」と三日連続鈴なり状態。

 ジャム作製は一日ずらした方が良かったか?

 しかしこのジャムは美味い!! 早く来ないと無くなるぞ!!

2010年12月16日 (木)

冬の新作発表会 「三・コレ」

 久々の新作発表会。いや改めて発表するほどの事でもないのだが、チョット嬉しかったので多少モジモジしながらも発表してしまう。

Dscn1165

 このオレンジ色のスープがその新作なのだが、何が嬉しいかというとこれは人参のポタージュ。

 まぁ覚えている人は皆無だろうが、以前ここに三輪舎が抱える人参の大量在庫の事を書いたが、これでようやく大量消費の途に目途がついたのだ!

 人参の独特な香りは押さえ、人参の甘さは強調できたかと思う。 きっと人参嫌いな人でも言わなければ人参とは思うまい。 製作者自身は割りとヒット作だと思う。

 しかし大量消費の・・・とはいえ、お客さんが来ない事には始まらないのだ・・・

 

より以前の記事一覧