旅人の宿 三輪舎

facebookページ

カナディアンロッキー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

山菜

2014年3月24日 (月)

春・急発進!!

 

 先週末、もしや?と思い畑へ足を踏み入れた。 二月の大雪の後は夏まで溶けないのではナカロウカ?と思われた雪も意外な早さで跡形も無くなった。

 しかし春の「お知らせ」のフキノトウはなかなか出てこなかった。 しかしここ数日昼間は気温が高かったので見回りに出たのだ。

 すると、前回は影も形も無かったフキノトウが幾つか顔を出している。  何とか三輪舎にも春がやってきたらしい!!

 当然良い物を持ち帰り、春はその日の食卓に饗され、幸運なお客さんの口へと運ばれたのだ。

 一年ぶりの春のほろ苦さ・そして今週中には千葉から「筍」もやってくるらしい。今週末の三輪舎の夕食は「春一色」になるのだ。(多分今週限定!)

P3220046

2013年3月13日 (水)

まだ早いんじゃねーの?

 三輪舎の在る佐久は今日も順調に暖かい。  ほぼ一日おきに春と冬がやってくるので、日々の服装も日替わりに薄くなったり厚くなったりと忙しい。

 午後に長靴を履き、「そんなコトァ無いよなぁ・・」と呟きつつも畑の隅の方を巡回に行くと、おぉっ!!何てこった!すでにフキノトウが顔をだしているじゃないか!!

Sscn2358

                 しかも丁度食べごろの大きさだ。

Sscn2359

              冷静に見渡すとあちこちにいらっしゃる。

Sscn2360

              こいつはちょっとデカイか?

 感覚的には半月ほど早い様な感じがするが、出て来たものは美味しく頂戴せねば!  今夜はフキノトウの天麩羅で決定。  果たして週末のお客さんにも間に合うか?

2012年5月30日 (水)

始まり始まり!!

Sscn1907

 ようやく今年もワラビ採りに行けた。  ホンの一時間位だが、家族三人では食べ切らない程度は収穫できた。  今年は例年に比べ細く、筋が固いものが多いような気がするが、獲物を目の前にすると選んでいる暇はない。
 

 オマケに採ったコゴミを挟んで右側が妻の収穫。 そして少ない方がワタシ。  希望者が居たら案内するよ!!  但し妻が居ないと収穫高は少ないが・・・・

2011年5月13日 (金)

シーズンスタート!!

 いくら佐久とは言え、サスガニ今日は初夏の雰囲気満点! そうなると我々の脳裏に一年ぶりの「ワラビ」の姿がチラつく。                                              

 今年は桜も何もかもが一週間ほど遅れているので、山菜も・・・という疑念はあったがこの天気に誘われて「未だだよな・早いよな」と言いつつ、いつもの漁場へ。

 当初はやはりワラビの姿はナシ。 しかし我舎で通称「畑」と呼んでいる場所でようやく今シーズンの初物発見。Sscn1409

 料亭の料理にでも使えそうな紫色をしたなかなかの上物!

 ここで都合6本を手中にする。

 不思議な事に有る程度までは標高が高くなるほど成長したものが生えていた。

Sscn1407

数箇所の漁場を巡って二人でこの量はキープ。

多少時期が早かったとは言え、我等が行ったからには手ぶらでは帰れない!

Sscn1405

 そして行きがけの駄賃とばかりにちょっと寄り道して「コゴミ」も頂戴。

 ここのコゴミはまだハシリで、今後が期待できそう!

 しかし山菜シーズンはまだ始まったばかり。 楽しみはこれからなのだ!  

 とりあえず来週末は臼田の「小満祭」、そして橘倉酒造の蔵開き。 忙しいのだ!!

 

2009年6月 7日 (日)

 ナンダイナンダイ!! 一体どうしたって言うんだい!!  昨日の唯一のお客さんが今日はワラビを採りにいきたいって言うので、自信満々のいつもの漁場に連れて行ったところ、あれれれれ~・・・ 
 いつもはk単位で取れるはずのワラビが影も見せない!  確かに先に誰かが採って行った跡は確認できるものの、ワラビ自体の数が少ない。 不思議だぞ。
 妻が一緒に出撃すれば、収穫量は当然㌔単位になるのが普通なのに、今日は本数単位。  どうも一回目の発芽と二回目の発芽の端境期にあたってしまったらしいなぁ。
 きっと来週辺りはまたワラビの時期になっていると思われます。
 三輪舎では、「行きたい!!」と言うリクエストがあれば、日曜日には随時ワラビツアーを開催してますので、まぁ気軽に声をかけてみて下さい。

 実は今日、唯一のお客さんは極上の「ウド」も持って帰りました!

 

2009年5月15日 (金)

わらび

午前中に妻の車の車検を済ませ、午後には昨日の草刈の続き。
 今日も晴れてはいるものの、たまに吹く風は冷たく汗もさしてかきはしない。 まぁ例年今時ならこんなもんかナァ。
 夕方、妻を迎えに行ったときに気が付いたのだが、今週末は臼田の町の
「小満祭」。 このお祭は例年雨が降ることで地元では有名。
 あれっ?小満祭って事はもうワラビが採れ始めるって事では?
 ってことで、夕方から矢も盾も堪らずいつもの猟場に出撃。
 まぁ最初はこんなモンでしょ!ってくらいの量しか採れなかったが、今シーズンのとっつきのメドは立ちました。
 文字通り、「帰りがけの駄賃」、コゴミと山椒の葉をもらって帰りました
 再来週位からみんなで行こうか!? じゃ来週は何しようか?

2009年5月11日 (月)

ここ数日の暖かさ(って言うか夏?)で湯川沿いや、とにかくあちこちの藤が満開を迎えました。  

藤が満開と言うことはワラビの季節がもう間もなく。
 妻と昨年までの実績を紐解くと、今月末位から採りに行っても「坊主」の憂き目には遭わずに済みそう。 

正式にはトップページに発表しますが今月30日泊のお客さんを基本的に対象として31日の朝からワラビ採りに行くかもしれません。

 この日を逃したらもう行けない訳ではないので焦ったことじゃないが、今年の一発目を狙うのもまた一興かも・・・
 本当はその前に息子を伴い、「海から一番遠い地点」へのお散歩?も行きたいんだけども誰か一緒に行ってくれる??