旅人の宿 三輪舎

facebookページ

カナディアンロッキー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

開花~っ!

 

 例年より寒いと言われた冬を乗り切り、意外に長い春のイントロが終わりようやく三輪舎にも春が本格的に訪れたようだ。

 TVでは早関東の桜は散り始めたようなことを報じているが、ここ三輪舎ではやっと梅が開花したのだ。

Sscn2383

 やや判りずらいとは思うが、画面にポツポツとある白い点はレンズの汚れでは無く、ようように咲いた梅の花。  開花の時期としては例年とさほど差は無いように思う。

Sscn2382
 近くによると間違うことなく梅の花。 近くのパラダスキー場も今週末をもって今シーズンの営業を終了する。  そうして三輪舎も冬から春へと装いが変わるのだ。

2013年3月21日 (木)

遠足なのだ!

 

 余り上等な天気では無かったが、ユカと二人でポッカリ空いた昨日。  朝から居残りの息子の分を含めて三人分のおにぎりを作り、ユカは車中で食べるお菓子、お茶、ジュースを準備し一路白馬の「おびなたの湯」へ。

 久しぶりのお出かけなので、ワタシは「デートだぜ!」と思っていたが、助手席で「わ~ぃ!遠足遠足っ!!」と遠足気分満載のユカ・・・ まぁ遠足でいいや・・・

Sscn2374

 猿倉への道の途中にある露天のみの「おびなたの湯」、我家のお気に入りなのだが訪れるのは数年ぶり。  当初は雪が融けきってからの営業だったが、数年前から冬季営業も始めている。

Sscn2377

 ビックリするほど広くはないが、それでも充分な広さのお風呂。 湯温も丁度良い。

Sscn2376

 洗い場には未だ結構な量の雪が残っている。 これでも地元民と化した友人S島は「ほとんど無くなった」と言う。

 ちなみにここではこんな試みもされているらしい。

Sscn2375

 今は日の入りが大分遅くなったので「星空」はどうなのだろう? しかしこの日も貸切予約が入っていたらしい。  特に「水着OK」という事で外人さんに受けが良いらしい。

 皆色々と営業に頑張っているのだなぁ・・・

 その後、鬼無里でおやきを買い、道すがら善光寺に詣でて帰宅。

Sscn2373

 留守番?の息子にもお守りを買い「家に着くまでが遠足なのだぁ!」などと叫びつつ無事に帰宅。

 ナカナカに楽しい遠足の一日であった。

2013年3月13日 (水)

まだ早いんじゃねーの?

 三輪舎の在る佐久は今日も順調に暖かい。  ほぼ一日おきに春と冬がやってくるので、日々の服装も日替わりに薄くなったり厚くなったりと忙しい。

 午後に長靴を履き、「そんなコトァ無いよなぁ・・」と呟きつつも畑の隅の方を巡回に行くと、おぉっ!!何てこった!すでにフキノトウが顔をだしているじゃないか!!

Sscn2358

                 しかも丁度食べごろの大きさだ。

Sscn2359

              冷静に見渡すとあちこちにいらっしゃる。

Sscn2360

              こいつはちょっとデカイか?

 感覚的には半月ほど早い様な感じがするが、出て来たものは美味しく頂戴せねば!  今夜はフキノトウの天麩羅で決定。  果たして週末のお客さんにも間に合うか?

2013年3月11日 (月)

早春の別離と出会い

 昨年の今時分三輪舎にやってきた通称「みどちゃん」。  先の土曜日に次の奉公先へと旅立っていった。  一年の短いつきあいではあったが、日々の買い物や息子の送迎、数度のお客さんの送迎と大変に役立った。

 今回の奉公先はここにも何度か登場している白馬在住の古い友人S島のトコロ。 従ってワタシの視界の範囲内なのでとりたてて「寂しさ」はない。

Sscn2351

 白馬は佐久とは比較にならない積雪地。 きっと交換したばかりのスタッドレスが役に立つはず。  頑張るのだよ!!

 そして三輪舎にはやや古い「ニューフェイス」がやってきた。  何の事は無い、S島が乗っていたステップワゴンと交換したのだ。

Sscn2350

 この車がこれから三輪舎号になる。 この車はここ数台の「農耕車兼用」にせず、お客さんを乗せるのを第一任務にしていくようだ。  まぁ日頃は今までの様に荷物の運搬がメインであろうが・・・

 ややお年寄りだが、長生きして頂こう!  しかし名前はまだ無い。

      別れと出会いの春なのだ。

2013年3月 6日 (水)

上空は大荒れ

 今日はお休みで、午前中梅の剪定をしてくれたユカと二人で散歩がてら南パラダへ。    春の様な気温が続いたので、さすがにゲレンデが心配になったのだ。

 フト空を見上げると、ちょうど海瀬の「茂来山」の上空に大きなレンズ雲が出ていた。

Sscn2346

 秩父山塊の上空は気流が複雑らしく、ちょくちょくレンズ雲が発生する。  今日も下界は暖かく、風も多少吹いている位だが空の上は大荒れなんだろうか。

Sscn2345

 春らしく八ヶ岳も遥か霞んで見える。  まさか噂のPM2.5じゃ有るめぇなぁー!

そうそうゲレンデは南側でもまだ充分雪が有り、楽しめそうでしたよ。  メデタシメデタシ!

2013年3月 4日 (月)

収穫の日への第一歩

 

 春の気配が少しづつ感じられるようになったとは言え、この時期の信州はまだまだ寒い。  そんな中昨日ホームセンターに買い物に行ったところ・・・

 店内のレイアウトがあからさまに「春」の仕様になっているではないか!  花の苗は並び、野菜類の種も幅を利かせ始めている。  このホームセンターは本社が群馬なので、そちらの季節感に合わせてあるのだろう。

 我々も並んでいた種イモを素早く確保。 例年「未だ早いよなぁ・・」とか「置く場所ないから・・」と言っているうち、にいつの間にか入手が困難になりアタフタするのだ。

Sscn2341

 「男爵いも」が5K、そして今年のお試しとして「キタアカリ」が1K。  とりあえずこれで今年は安心。  追加は植え付けてからの様子次第だな!

 豊作に向けての第一歩だが、畑はまだまだ凍てついたまま。  第二歩は大分先の様だ。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »