旅人の宿 三輪舎

facebookページ

カナディアンロッキー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

このまま夏まで・・・

Sscn1931_2 

 実は五月の半ば過ぎ、畑に出て下の物を拾おうとした時に腰から「ビキッ!」っと不吉な音がした。

 以来ほぼ半月畑仕事はできなかった。 その遅れをやっと取り戻した。

 ジャガイモ、枝豆はほぼ蒔いた全てが発芽した。 頂き物のトマトやプチトマトも無事定着。 夏の人気者、ズッキーニも第一陣はすくすく成長中!

Sscn1930 

 例年通りトウモロコシも二種類。 これも順調! そしてピーマン・パプリカ・鷹の爪も元気。

 昨日は妻と胡瓜・スナックエンドウの定植とネット用の棒立ても終了。

 後は気が向いた種やら苗を空いたスペースに・・・

 このまま順調に夏の収穫まで突っ走って欲しいんだがなぁ!







2012年6月27日 (水)

苺の季節は続くのだ

Sscn1924

 

 今日もイチゴは豊作! 大体二日に一度はこの大きなボール一杯は収穫できる。  キチンと栽培している訳ではないので、サイズは一定しないし熟れ具合もマチマチではある。

 それでも糖度は高く、お客さんに食べさせると皆一様に驚く。 それ位は甘い。

 しかし収穫したイチゴのほとんどは「ジャム」になる。 二日に一度収穫! という事は二日に一度はジャム作りの日となる。  ヘタを取り、細かく切り分け、砂糖を「目分量」で加えて時間をかけて煮込み「とろみ」を調整する。

 なかなか時間がかかるものなのだ! しかし今作っておかないと来年のイチゴの季節までにジャムが品切れになるのだ。

Sscn1926


 今年は熟れ具合がヨロシク、茎についたままで中まで赤くなったものが多い。 従ってジャムになった時の発色が良い!! 鮮やかな赤になっている。 

 

 さて、今日もジャム作りに精を出すかぁ!!

2012年6月18日 (月)

こんなモノまで!

 先週、「とまるん」の会議で勝沼ぶどう郷YHさんにお邪魔した。 野辺山「こっつあんち」・那須「カントリーコネクション」のオーナーと三人で一台の車でドライブ気分!

 しかし気が付けば三人ともYHの場所を調べておらず、場所がわからない。 辛うじてワタシが数年前に訪れた時の微かな記憶にすがって何とか到着。

 

 会議まで時間が有ったので、食事がてら辺りをドライブ。 途中「ワインの丘公園」に寄り道。  そこのお土産屋さんでこれを発見。

Nec_1898
 甲州名物「ほうとう」のカップ麺とは・・・  一体どういう麵になっているのだろう? ワタシの好み通りかぼちゃは半分溶けているのだろうか?   しかしお金を払ってまでその疑問を解決しようという気にはならなかった。

 佐久では売ってないのかなぁ?

2012年6月12日 (火)

勝ったぁ!・・・のか?

Sscn1916_2

 この写真は今日現在の三輪舎玄関前だが、分かる人はいるだろうか?   例年玄関付近に取り付けられている、燕除けネットが今年は付いていないのだ。

 例年は玄関前は巣作りの場所探しの燕の恰好の目標になり、こちらとしてはネットを張って対抗するのだ。   

 今年は燕の飛来が早かったものの、何とか防ぎ切ったようだ。   大変嬉しい!!     
と言うのも、今年は妻が基本的に仕事で不在である。   しかもワタシは「絡まる」もしくは「こんがらがる」に非常に弱い。

 「ココがこうだから、ここを下にくぐらせて・・・」などと考えているうちにいきなり「キョェー」と叫びながらネットを切り裂き、やおらゴミ箱に叩き込んでしまいかねない。  当然の如く後から妻に烈火の如く怒られるのだ・・・

 今年はナントか勝利できたようだが、今後燕のリベンジ戦が無いことを祈るのみ。

2012年6月 7日 (木)

第一回収穫

 いよいよ三輪舎製完熟イチゴの収穫ができた。  本来なら後二日ほど置いた方が良い物も有ったが、明日の天気が余り思わしくないので多少目をつぶって収穫したものも有る。

Sscn1913
 

 明日からのお客さんの朝食用に良い物を選んで、残りはジャムにしようと思っていたが、どうもそんなに数は無いかもしれない。
 

 今のうちは嬉々として収穫して、「ジャム~!」と言っているが近いうちに「また採れやがったぁー」と泣きが入るのだろう・・・

2012年6月 6日 (水)

ラジオ世代

Sscn1911

 

 三輪舎のホールに鎮座するカセットデッキ。 今やカセット自体が無くなってしまった。
購入してから25年は経ったろう。  ワタシも小学生の高学年頃から深夜放送を聞き始めた。  今、同世代のお客さんがいらした時には深夜放送の話で盛り上がることがある。

 一時期「勤め人」だった時はラジオから離れたが、今は朝から夜までFMを流しっぱなしだ。  やはりラジオから離れられない。

 しかしこのデッキも「お年」なので、言う事を聞いてくれないことも多くなってきた。

          頑張っておくれ!!

 

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »