旅人の宿 三輪舎

facebookページ

カナディアンロッキー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

言われてみれば確かに!

 

 今日帰られた家族のおきゃくさん、来る途中の車の中から浅間山に残った雪形を指さし尋ねた。   「ねぇ 何の形に見える?」

 母親の問いに娘ちゃんはキッパリと「山口!!」っと断言したそうだ。

Sscn1874
 

 う~む言われてみると確かに「山口」。 既にそうとしか見えなくなってきた・・・

 北アルプスなどには独特の雪形から、その山の名称になっている場合もある。 その例に倣えばさしずめ「山口山」だろうか?

 でもそれじゃぁ海苔の会社の名前みたいで嫌だなぁ。   

2012年4月27日 (金)

ようやく桜満開!

Sscn1868 

 三輪舎の周辺もようやく桜の季節が始まった。 樹によって早い遅いはあるが、来週半ば位までは十分楽しめそうだ。

 まぁ我らはありがたい事に楽しんでいる余裕は無さそうだが・・・

 

 少し離れた長野牧場は満開になるまで後数日かかるだろう。。 それこそGW真っ只中に満開になりそう。  機会があれば一度は見に行くと良いだろう。

Sscn1867 

 今年の桜は気のせいか例年よりも花の密度が濃い様に思える。

 横根の道祖神の桜だが、八重桜並みの花の濃さ。

 梅が残り、桜が咲き、雪柳の白い花が揺れる佐久の春が始まった。




2012年4月25日 (水)

助かったぁ

 

 三輪舎農園の仕事始めはまず畑の外周をスコップでポコスコと掘り、輪郭をハッキリさせてから早くも出てきた雑草を耕運機「平蔵」が働ける程度まで片づけるのが仕事。

  今日畑に出ないで一体いつ出るのか!と云った昨日、スコップを握り畑へ。 そして二時間ほどかけて草取り・そして輪郭作りまでがほぼ終わろうか、といったところ・・・

 隣で菊を育てている農家のオジサン(我が家は「菊のオジサン」と呼んでいる)が大きなトラクターに乗ってやってきた。  どうも見るに見かねて・・・といったところらしい。

Sscn1864_2
 

 しっかしトラクターの仕事は早い! ものの10分も掛からなかった。 これで後は石灰を撒くのみ。  これで夏の収穫に向けての第一歩が始まった。

         文明の力恐るべし!!   菊のオジサンありがとう!!





2012年4月24日 (火)

カウントダウン!

 Sscn1860_2
 

 暖かい! 今日はホントに暖かい。 佐久にもようやく春が本格的にやってきたらしい。
 

 梅は満開! そして雑草も全開! そんな中三輪舎の庭先(?)の用水路のブロック小屋の横の桜を偵察に行った。

 

 蕾はこの気温で調子ずき、既に破裂寸前。 このままでは桜自身もGWまで我慢できないのでは?

Sscn1861_2 

 全体的に赤味が増し、開花寸前。 GW前に咲いたら家族三人でとりあえず花見だな。

 三輪舎でこの調子だから、長野牧場なんかも良い感じになっているだろう。 何せ長野牧場は既に「桜祭り期間」に突入したらしく、桜も咲いていない・当然誰もいない状態だがライトアップも始まっている。

 

 佐久もようやく本格的に春がスタート!!

 

 GW・絶対綺麗だぞ!!







2012年4月23日 (月)

使えるんだよ!!

Sscn1856 
 

 準備の済んでいない畑の中で、一際元気に伸びた草一本。
 

 いや、草などと言っては罰が当たる。元気なのもそのはず、これは「ニンニク」。

 まだ茎は伸びていない状態だが、この葉っぱが又料理に使えるのだ!!

 

 麻婆豆腐は当然、餃子の餡や五目餡の香り付け、本体のニンニク程きつい香りでは無いが、きちんと存在は主張する。

 

 改めて見回すと、去年ニンニクを育てたと思しき場所には列をなして育っている。 これだけあればGWには相当つかえるはず・・・  さて、何を拵えるか?

2012年4月20日 (金)

今年の初収穫か!

Sscn1852 

 一昨日、ユカと見た時はホンのポツポツとしか出ていなかった蕗。 フキノトウが一段落した途端に一気に地上に顔を出し始めたらしい。

 特にこの数日は霜注意報は出るものの、本格的には冷え込まなくなったので、地面の中も相当暖かくなったらしい。

 

 週末は細い蕗を食べられるかな?  ユカが居ないので、やや不安!

2012年4月13日 (金)

ようやくの花便り

Sscn1850
  気が付いたら梅が咲き始めていた。  特に今週になって気温が高い日が続いたせいだろう。

  三輪舎で梅が咲きだしたという事は、更埴の杏は見頃になっているはず。  ところが「あんず祭り」は今週でお終い! これで観光客が少なくなったあんずの里を楽しめるだろうか?

 

 これから佐久も何もかもが一気に咲き誇る「短い春」が始まる!!

      しかし今年は早くも「つばめ」が飛来しているのが気にかかる・・・

  

2012年4月 6日 (金)

今日も今日とて・・・

Sscn1843 

 左の写真だが、浅間山も見えてはいるが不明瞭。 全体的にも何だかピントが合っていないような感じ。  雪、なんだよ・・・

 朝は快晴だった! 気持ちの良い春の一日の始まりといった風情に、急いで洗濯をしパパッと外に干したのだ。

 なのに、なのに気が付けば外はエライ勢いで雪が降っている! フザケンナヨナァ!!

ホントに今年の冬はナカナカ終わらない。 スキー場の営業もキチンと終了したのだから、もう春になるのに何の憂いもない。  このまま梅も咲かずに終わるんじゃないかとさえ思う。 まぁさすがに雪もつもりはしないが、そろそろホントの春が待ち遠しい。

 まさかとは思うが、寒くなくなった途端に「猛暑!!」なんて・・・ネーダローナァー。
 


2012年4月 5日 (木)

風禍

Sscn1838 この数日三輪舎では大変風が強い。 先日全国的に強風で被害が出た日は正直そんなに酷くはなかった。
 
 どちらかというと、TVのニュースを見ながら「たいへんだねぇ~」などと言いながらビールを呑んでいた。

 それが昨日、そして今日と物凄い風が三輪舎にほぼ一日中吹き続けている。  こんなに良い天気なのに洗濯物は当然外には干せず、換気口も全て閉じている。

 庭では椅子が一つ風に飛ばされていた。 そんなに軽いものでは無いはずなのに・・・

 

 かわいそうに全身骨折で治療不可になっていた。 この4年、数度のゲリラ豪雨でさえも動かなったのになぁ・・・それだけ今回の風はひどかったのだ。   ようやく今日の夕方になって風が止んだ。  明日は洗濯物を外に干したいなぁ!

2012年4月 3日 (火)

信州季節の便り

Sscn1836 年に4回、その季節ごとに送っていただいている「THE信州」その春号が届いた。
 今回の表紙は「あじさい寺」として知られる高源寺。

 今は未だピンとくる写真ではないが、夏前まで配布するのでまぁこれで良いのだ。

 しかし信州東部、東信地区にはその前に見ておきたいもがある。 それがこれから咲く「杏」。
 丁度今日、三日から「第57回 あんず祭り」として15日までの間千曲市で開催されている。

  今年の気候では満開になるのは遅くなるのだろう。 我々が佐久に移住してから既に10年が経つが、残念ながらあんず祭りは行った事が無い。  話や映像では見渡す限りの杏をみるが、今年こそ行ってみたい!!  三輪舎からは車で1時間位なのだが、意外に機会に恵まれなかった。 ただ、車では多少混むのと駐車場がやや悩む。 バイクなら良いのだろうなぁ・・・   バイクで東信地区に来るなら、是非コースに組み入れて欲しいのだ!!

2012年4月 2日 (月)

格さん・助さん もぉ良いでしょう!!

Sscn1834 年度末、パソコンは壊れるはチョロは壊れるはと三輪舎は散々な目にあった。
 
 
そんなこんなで新年度を迎えた。 まぁ悪運は昨年度で使い切ったのだと自分に強く言い聞かせてはいる。

 さて、この週末は関東は強風で交通網がズタボロにされ、三輪舎のお客さんも経路に相当苦心した。
 佐久でも強い雨やら午後には雪に変わるやらと物凄い天気ではあった。

 しかし雪も積もることは無く、翌日からは春そのもの。  三輪舎の中でも階段の一番上から窓越しに見る浅間山、窓越しに丁度一幅の絵のように見えてワタシは一番好きなのだが、その浅間山も見事に春霞がかかっている。   サスガにもう車のタイヤも「ノーマル」に戻しても大丈夫だろう。

 
 

この週末も普通に関東から車で来られるハズ。 まぁ昨年も4月に入ってからの積雪はあったが・・・    助さん・格さん もぉノーマルで良いでしょう!!

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »