旅人の宿 三輪舎

facebookページ

カナディアンロッキー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日 (木)

散歩跡

Sscn1796

 早朝多少の雪が舞ったらしい。 三輪舎農園は一面の雪原と化している。        二階の和室から見ると、その雪原に一筋の散歩の跡・・・

Sscn1798_2

 結構広い範囲をウロウロ歩き回ったらしく、何度かその足跡が交叉している。 余程楽しかったのか、余程の空腹だったのか。

Sscn1797

 最初は近所の飼い猫「クロ」かと思ったが、猫とは違いそう。 まぁあまり凶暴な子では無さそう。

 しばし眺めていたが、寒いのでお家に入るのだ!

 

2012年1月24日 (火)

おひさしぶり!

Sscn1790 先週の金曜日以来雪が舞い続けた佐久。 関東が大雪となった昨夜はほとんど降らず、逆に多少の星が見えていた。 しかし今日の早朝も雪が舞い、5日連続で雪を見ている。

 晴天率の良い佐久でこんなに連日雪が舞うのは例年無い。 まぁ「積雪」になる事はなく、道路は何の問題は無いのが救い。

 しかし浅間山が見えないのはチト寂しい。 今日久しぶりに見えたが、思ったより白くなったいない。 浅間山には逆に降雪が少ないのだろうか? いつもは綺麗に雪化粧しているはずなのだが、今年は白くなっても長続きしないのだ。

 テレビでは明日から寒さが厳しくなり、しかも数日続くらしい・・・ まぁスキー場には良いからガマンガマン!

2012年1月21日 (土)

雪国かぁ?

Sscn1788 昨日に引き続き今日も雪模様。 さして積もっているわけではないが、さすがに脇の砂利道は道路とお隣の畑の境目が判らなくなっている。

 昨年もお客さんの車が畑側に寄り過ぎて一段低くなっている畑側に見事にスタックする事件が二回有った。 二件とも人力、あるいはたまたま通りかかった軽トラに引っ張ってもらい事なきを得た。

 そこで今年はユカの発案で雪国よろしく目印を立てることにした。 但し雪の下は当然の如く砂利なので、雪が融ければ棒は倒れる。  よってこれは雪の日限定の光景となる。  今日の雪は積もる雪では無さそうなので除雪作業の心配は無さそう。

2012年1月20日 (金)

まぁそうだろうなぁ・・・

Sscn1785 このブログでも散々「今年は雪が少ない!」等と書き連ねてはいた。 どうもそれをどこぞの神様がみていたらしく、「そーかそーか!それなら多少は・・・」ということで、今朝外を見たらばこのとおり。

 ほぼ二週間ぶりの雪。 昨夜から舞ってはいたし、本格的な雪になるという予報も出ていたので、じつは今朝除雪に駆り出されるのでは、とも思っていたが朝の段階ではそこまでの積雪では無かった。

 しかし昼になっても雪は止まず、玄関前のベンチには10cmほどの雪が積もった。

Sscn1784

 三輪舎農園もこの通り。 ホウレンソウも静かに雪の中に眠ってしまった。

 道路は県道は除雪が入り、アスファルトが見えているし、国道は既に雪は無い。

 そうは言ってもやはり明日あたりはチェーンは必須だろう。 三輪舎の車もスタッドレスとは言え、実はノーマル以下の実力しか発揮できないタイヤになっている。 まぁ「慣れ」と「慎重」でカバーできるが、都会から来る人はチェーンを装着した方がよろしい。

 昼を過ぎても降り止まない雪。 仕方ないから雪掻きしないとなぁ・・・・

 これで雪が止めば、スキー場は最高のコンディションだよなぁ。 さすがに今週末は遊んでいられないが。

2012年1月18日 (水)

春を待つ季節

Nec_0321

 今年の冬は思ったよりも雪の量が少ない。 その分と言うわけでは無いだろうが、気温は低い。 まぁ雪が少ないので道路は何の心配も無く走れ、気温は低いのでスキー場も降雪機が頑張れると言う、三輪舎的には中々良い状況ではある。

 しかし、三輪舎農園にはこの寒さを耐えているヤツもいる。 昨年の秋に種を蒔き、初冬に発芽したホウレンソウ。 例年ならある程度の雪の下で寒風から逃れて春を待つのだが、今年は隠れるべき雪が無い。 さぞかし寒いだろう。

 春になればきっとグングン成長して美味しい料理に加わってくれるのだろう。 その日までガンバルノダヨ!

2012年1月17日 (火)

どなたのでしょうか?

Nec_0320

 どなたのお忘れ物でしょうか? 玄関の靴箱に余りにも自然に、それこそ三輪舎の備品の様に入っていたもので発見が遅れてしまいました。 申し訳ない・・・

 多分これはお子様用でしょう。 出発の準備はどこも一緒。 荷物は積まなきゃならない、子供は遊んでる、スクールなどの時間は迫る、その割りに皆さん忘れ物が少ないのは素晴らしい限り。

 心当たりの方は是非ご一報を!!  まぁこれを機会に再度遊びに来てくれたら三輪舎としてはウレシイのだが・・・ 

2012年1月14日 (土)

今日はパラダ

Nec_0319 息子は未だ中学生なので、スキー場がどれほど自宅から近かろうが一人では滑りに行ってはいけないことになっている。  その上近所には一家に二枚、「只券」が配られているのでモドカシイ事この上ない。

 たまたま今日、いささか時間が出来たのでその息子をパラダに連れて行ってやった。

 珍しく風は無く、気温もそんなに低くは無いそれこそスキー日和。 さぞかし空いているだろうと思いきや、結構な人手ではないか!  もしや暇なのは三輪舎だけか?

 目に付いたのは「トリアエズ・トリアエズ・・・」と缶ビールを開けるお父さんと疲れた表情のお母さん、そしてやたらに元気な子供たち。 そして意外に多い若いグループ。

 しかし午後二時を回ると目に見えてお客の数は減り、息子が時間間際のラストスパートをかける頃には、駐車場に大型バスが次々に到着して若者達が次々に吸い込まれていった。

 やはりツアーを含めて日帰り客が多いのだなぁ・・・ そりゃ三輪舎が暇なワケだ・・・

 余り事情を斟酌しない息子は一人でご満悦な一日でした。

2012年1月11日 (水)

そして静かに・・・

Sscn1776_2 この年末年始、「三輪舎にしては」忙しい二週間を過ごす事ができた。

 雪は少ないものの、最低気温は連日マイナス10℃クラスまで下がり、窓は凍りつく。 まぁおかげでスキー場は人工降雪機が頑張れると言うもの。

 昨日から、忙しかったのが幻の様に静かになった三輪舎。 また週末はお客さんで賑やかに、そして暖かくなって欲しいもの。

 やはりストーブよりも人の暖かさの方がより暖かい! 

    皆様、今年も三輪舎をよろしくお願いいたします!!

 

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »