旅人の宿 三輪舎

facebookページ

カナディアンロッキー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

男は・・・哀しい

Sscn1511

 暑い。佐久とはいえ暑い。 しかし三輪舎では今のところ扇風機までは必要ない。 ナントいっても自宅には未だにコタツが健在。

 夜になれば気温は一気に急降下するので窓を開けたままで寝れば風邪を引くのは必定。

 そんな中、妻を残して買い物へ。 帰って来るとアレレ? 玄関の鍵が閉まっているではないか!! 妻は家にいるはずなのに・・・   こんな時に思わず口から出そうになったの台詞は「ゴメンナサイ・・・」

 特に何も 怒られる事はしていないのに・・・ う~ん何だかカナシイ。( ̄Д ̄;;

2011年6月24日 (金)

B-マップ佐久③ 気づきにくい数珠

 三輪舎から県道を市街地方面に行くと、岩村田商店街に当たる。 その商店街から路地を入ったところに、「司馬遼太郎所縁の蕎麦屋」として紹介している「北盛楼」が在る。

 我舎でもチョクチョク行ってはいたのだが、商店街から路地へ入るところに堂々と実はその物件は立っていた。  しかし普通に通るだけでは未ず誰も気づかないのではないか?

Sscn1504

 多少暗くて申し訳ないが、反対側の歩道から見るとこんな感じである。 車でサッと通ればマズ分からない。 「蕎麦屋」の幟の横に石碑があるところからして、どうも参道になっているようだ。

Sscn1503

 中央に飾ってある数珠。 実物よりも珠の数は少ないが、細かい事はどうでもヨロシイ。

 今までこれが目に入らなかったことの方がビックリだ!!

Sscn1502  

やはりこの道の奥にある「西念寺」の名前が入っている。

 ここが「念仏通り」と言う名前が付いている事さえ今日初めて知った。

 残念なのはこれを発見したのはワタシでは無く、ユカだったトイウコト・・・

Sscn1500  そして問題の(?)西念寺。 今回は正面の山門の写真だけを紹介。

 ここはここなりにキチンと由緒がある、大きなお寺。

 近いうち、読者が忘れてしまわない内にキチンと単独で紹介したいと思う。

 ちなみにこの関連はまだ続くのだ!

2011年6月23日 (木)

「B」-マップ佐久② お懐かしい!!

 まぁ「B」ーマップに入れて良いのか迷ったのだが、敢えて入れてしまおう。  先日買い物先のスーパーで、何気なく傍の柱に目をやると「振込み詐欺防止」を謳ったポスターが貼ってあった。   そこには・・・

Nec_02061_3

 今を去ること30年近く前、「ビッグコミック スピリッツ」という雑誌が創刊された当初に「軽井沢シンドローム」という漫画が連載されていたのだが、その作者が「たがみ よしひさ」氏。

 我々の仲間内でも高い人気を誇り、盛り上がったものだ! しかしその後は長らく音信不通が続いた。  元々小諸の人で、弟も少年誌「少年チャンピオン」で「星のローカス」という小諸を舞台にした連載も持っていたっけ・・・

 そうしたらこんな場所で「たがみよしひさ」のキャラクターに再会しようとは・・・ 「おぉっ!!元気に生きていたのだな!!」などと人混みの中で一人感慨深くポスターを見詰めてしまった。

 まぁ出来得れば、一流雑誌の連載で再会したかったものだが・・・

 (分かる人だけ分かってくれたらそれでいーのだ!!)

2011年6月14日 (火)

イチゴは続くよ・い~つまでも!!

Sscn1484  前回でもはやイチゴは採り尽くしてしまったろと思い、行きがけの駄賃位にイチゴ畑に行ってビックリ!!

 それこそ真紅の宝石の如く輝くイチゴが散りばめられているではないか!!

 大きめのボールに一杯。今シーズン一番の収穫量となった。

 しかも今週末まで多少採れそう。 最後は採って帰っていいよ!

Nec_0254  同じ真紅でもこちらは収穫できるようになったばかりのラディッシュ。 これからが楽しみ。

 夏にかけてお皿を彩ってくれることだろう!

2011年6月13日 (月)

「B-マップ」佐久① 豊昇隧道

 毎度毎度畑の話では書く方は勿論、読んでくれている数少ない読者も飽きてしまう。 そこで、続きがなかなかアップされない「佐久の神々」シリーズの第二段として「B-マップ」佐久を書く事に決定!

 意外に見落としている、余り気にもしないが良く考えてみると面白い場所や建築物等を紹介していきたいと思う。  

 そして今回は豊昇隧道をピックアップ。

Sscn1477_2 三輪舎から県道156号線を左に行き、パラダスキー場を過ぎて道なりに2キロ程の所にある何の変哲も無いトンネル。

 今時はナカナカ佐久でもお目にかからなくなった「馬蹄形」のトンネル。

 当然幅員も狭いままの「入ったモン勝ち」である。 確か数年前まで素掘りだったものが、今は一応塗り固められてはいる。

Sscn1478  トンネルを抜けた反対側からみるとこんな感じ。

 今気が付いたのだが、こちら側の入り口の上には何かマークも付いている。 キチンと現場を見てこなかったのが悔やまれる。

 中々に良い気配を漂わせた、夜歩いては通りたくないトンネルだ。

 上の写真、トンネルに入る手前右側に道が入っているが、その奥は「長倉古道」と言い、由緒も歴史もある、それこそ縄文時代まで遡れる場所。

 案内板もあるので三輪舎に来て、暇な時は巡ってみるとヨロシイ。

                                 また 次回!!

2011年6月10日 (金)

続・イチゴ

 昨日、一昨日と収穫したイチゴ・なんだか一昨日の収穫分は熟し具合が進んできたので、急遽朝からジャムにするべく行動開始!

Nec_0249  ヘタを取り除きながら流水洗い。 まぁこんなものなら面倒くさいと思う前に終了。

 桃の皮むきや、山葡萄ナドト比べれば物の数ではない。

 そして水気を拭いたら鍋に入れ、上から砂糖を振り掛ける。いつものように「田舎じゃコンナモノダロウ!」などとホザキツツ。

 なぁに足りなければ後からでも充分調整可能なのだ。

Nec_0251  

 しばらく弱火でコトコト煮込んだらお玉でイチゴをつぶして一段落。

 勿論好みで、イチゴをそのまま形を残して仕上げてもヨロシイ。

 冷えたらトロミを確認。 ゆるければ砂糖を足して再度火にかける。 ところが今回は見事にバッチリ!!

 サスガ俺様!!

Nec_0250

 しかしこれで完成とはいかない! 何しろ奥様OKが出なければ我舎では何も進まないのだ!

 とりあえずヨーグルトにのせて、オズオズと差し出すと大変な満足顔・・・

 ハイこれで完成!!

 しかし夕方畑を覗いてみると、今日採り頃のイチゴ達が「私も私も!」と三日連続鈴なり状態。

 ジャム作製は一日ずらした方が良かったか?

 しかしこのジャムは美味い!! 早く来ないと無くなるぞ!!

2011年6月 9日 (木)

今年は豊作だな!

Nec_0248 今年の畑シーズンの初めに、ユカが整備して植え替えをした我舎のイチゴ達。 その効果がてきめんに現れ、今年のイチゴは初めての豊作!!

 特に植え替えた方のイチゴはキチンと肥料など与えたものだから、それは丸々とした大きなイチゴが・・・

 今日も虫に食われる前に熟したものを収穫。 ちなみに写真上側のボールは昨日収穫分。 そして下のボールは今日の収穫分。

 とりあえず収穫した端から口の中には放り込んだので、残りは明日にでもジャムにして週末のお客さんにお振る舞いの予定。

 畑にはまだまだこれから熟すイチゴがなっているので、お味見位なら収穫させてあげられるかな?  それにしても来週末が限度かと思うが・・・   早くおいでよ!!

2011年6月 3日 (金)

良いお日和で・・・

 なんだか太陽の下ってのも久しぶりのような気がする。 例年よりも早い入梅で遅れに遅れる畑作業。 

 今日は畑の土も適度に水分が抜け、今日やらずにいつやるんだと言わんばかりのコンディション。 危篤状態のラベンダーの周りの草抜き・イチゴの移植・トウモロコシの畝間の草掻き・当然仕事は目白押し。

Nec_0246  

 妻は頑張ってトマトと茄子、その他ピーマン・タカノツメなどを植える畝のマルチ(畝を覆うビニール)敷きにも勤しみます。

 コレはコレでたるまないように、マルチの下の土がへこまないように、結構気も使うし体力も使う仕事。

 人力だとなかなか大変です。

Nec_0247

 上から見るとこんな感じです。 上の茶色い筋の部分は葱。 そして下の緑は大きくなりつつあるジャガイモです。

 少しづつ少しづつ、マルチを手で張りながらシャベルで土をかけていくのです。

 その間宿主は何をしているかって? 失敬な!!当然全力で応援しているに決まっているではないか!!

2011年6月 1日 (水)

妻と息子のお稽古事

 この数日、ホールのテーブルの一つを占拠している物がある。 それがこれ・・・

Nec_0242_2

そう、キーボード。 三輪舎にだってコレくらい文化的なものだってある!!

しかし誰かキチンと弾けるかというと息子は「一本指奏法」・妻はその昔は相当ピアノを弾く事ができたらしいのだが、余りに昔なので指がついていかないらしい。

Nec_0243_2  このようになかなか機能が付いた素晴らしいキーボードなので、妻は妻なり・息子は息子なりに気が乗ったときには結構長い時間お稽古をするようになった。

 とはいえ息子はもっぱらどんな音の種類があるのか?どんな曲が入っているのかの研究が長いが・・・

 まぁお客さんのリクエストにお応え出来るまでにはまだまだ時間がかかりそうなのは確か。

 で・ワタシはというと「君子危うきに近寄らず・・・」

  妻の練習の成果は年末恒例「紅白対抗悪乗り合戦」で披露されるらしい!(ウソです)

          

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »