旅人の宿 三輪舎

facebookページ

カナディアンロッキー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月26日 (木)

まだまだ畑は全開運転中!

 お盆を過ぎ、サスガに夕方になると気温はグンと下がり、日によっては窓など開けえていられない様なこともアル三輪舎。

 しかし畑は全開満開!! ホンの15分程の収穫がこんな感じ。

Dscn0659

 左から端境期に入ったズッキーニ・茄子・鮮やかな色のパプリカ二種・トマト・ピーマン・ミニトマト・そろそろ終わりのキュウリなど。

 これ以外にも今日は見えないことにした、ジャガイモ・タカノツメ・シシトウ・枝豆・・・

 下界で煮えてしまわないウチに三輪舎の野菜を食べにおいで!って言うか誰かたーすーけてくーれー!!

2010年8月22日 (日)

オノレ! 許すまじ!!

 先日北海道帰りにわざわざ三輪舎に顔を出してくれたP・I上くん。 自宅に向って出発後、我愛車をみて仰天。 こんな物が運転席の窓に・・・

Nec_0197

 「オーノーレー!こっちは北海道に行きたいのに!!」っと一人で文句を言っていると、自宅に着いた彼から来電。

 「フッフッフ・・北海道帰りの気分は味わえましたか?」と含み笑い。

 チークーショー!!こっちは北海道に行きたいんだよーっ、帰ってくる気分だけ味わっても嬉しくネーよーっ。

 まぁしかし「小樽行き」の紙が置いてあっても何も嬉しくは無いが・・・

 とりあえず無事に帰宅は喜ばしい限り。 また遊びにおいでね!

2010年8月20日 (金)

すっきり!!

 8月に入ってから、いくら三輪舎とはいえ忙しい日々が続き、ドンドン伸びていく雑草を横目で眺めていた日々。

 ようやくひと段落して草刈でもしようかと言う余裕が出たので午前中は畑の人に。

Dscn0645_2

 久し振りに三輪舎の畑がその全貌を見せた! いやぁスッキリしたなぁ!! ここ数日は畑の状態も良くは見ていなかったので、良い機会なので観察。

 ジャガイモは今までで一番の収穫。 トマトも今年はキチンとなっている。 初めて育てたプチトマトはまるでブドウの房の様。

Dscn0646

 まだまだ畑は三輪舎の食卓を彩ってくれそうです!!

 しかし久々の畑仕事でアチコチガ痛いぞぉ!!

2010年8月 7日 (土)

夏の新作発表会「三・コレ」

 順調に生育が進んでいる三輪舎の畑、今年初めて植えつけたのモノの一つが「パプリカ」。

 実が付いた頃は緑色で、やはりピーマンの親戚なんだと改めて感じる。 しかしナカナカ完成形の黄色や赤にはなってくれず、色ずいたのは実がついてから一月後あたり。

 しかし実ってから言うのもなんだが、それを何に使うか実はマルで考えていなかった!

追い詰められると人間ナントか知恵が働く物で、こんな料理になりました。

Dscn0561

 中華風のソースの彩りに良い働きをしてくれました。 丁度爆発中の胡瓜も使えるのでこれはラッキー!! この夏の定番として即戦力になりました。

 しかしパプリカが収穫できる間の限定ではあるが・・・

2010年8月 6日 (金)

佐久の神々 ③

 前々から気にはなっていたのだ。 諏訪神社から道祖神の前を抜け、平根橋から県道と交わる交差点の所にそれはある。

Dscn0552

 「うなざわ」と読むこの一里塚、当然神社仏閣の類ではないが、長年通る人々に触られ、または拝む人もいただろう。 雑巾でさえ100年を経ると妖怪になると言われるのだから更なる年月を経ている塚、当然神格化しているのでは?

 しかし、この看板の周辺のどこを探しても一里塚らしき物は見当たらない。 ちなみに看板の周囲は下の通り。

Dscn0555

 看板だけがかつてこの場所に一里塚があったことを示している。 しかし消滅したのはそんなに昔ではないのかも。  看板のすぐ近くには測量するときの水準点が設置されている。  

Dscn0553_2

 冬になり、まわりの草が枯れたら実はひっそりと一里塚が佇んでいるかもしれない。

2010年8月 2日 (月)

夏の定番!

 今年も無事?畑ではズッキーニが爆発中という事は以前「雑記」に書いて有ったとおり。 しかし爆発は依然として継続中。

 平均一日5本の収穫は堅い三輪舎のズッキーニ、毎年の課題は如何にして「大量消費」するか!!ということ。  簡単なのは欲しがる人にプレゼントする、もしくは知り合いの宿に押し付けてしまう。

 しかし毎日押し付ける訳にもいかないので、量を使うレシピの考案が重要。

Nec_0192

 このサイズの物でポタージュスープを作る、六人分が限界。 もう少し取れるとも思うが、薄くなって旨味がない。

 それこそ大量消費にはうってつけ。 しかも一般の家庭では勿体無くてこんなことはマズできないし、しないだろう。

Nec_0193  

 そして完成品がこちら。 綺麗な緑のスープになる。

 ズッキーニが収穫できる間は頻繁に食卓に登場することになる。 しかしそれもこれもお客さんが来てくれてノコト・・・沢山来てくれると良いなぁ・・・ 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »