旅人の宿 三輪舎

facebookページ

カナディアンロッキー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

そして大晦日

 28日から三輪舎に逗留して息子を温泉に連れて行ったり、夜は夜で酒の相手をしてくれていた番頭のH川。 残念ながらその車はノーマルタイヤ。 
 今日は朝から結構な雪模様。 北信では有無を言わさないほど降り積もっているようだが、佐久は降っても数センチが精々だった。
 ところが今朝は様子が違い、「ヤッタルディ!」的な雰囲気。 大事をとってH川は帰京の運び。 そして入れ違いに三輪舎で年を越そうというカワイソウな人々が順次無事到着。
 今日の初三輪舎は野辺山の「こっつあんち」が今日はお休みの煽りを喰らい、流されてきたカワイソウなI井サン一人。
 去年同様夕食を済ませ、夜半まで皆で酒を組みかわし、二年参りに・・・。 来年への期待を込めて年は明けていくのでした。

2009年12月30日 (水)

息子活用法

 スキー目的のN中さん一家は当然三輪舎初挑戦。 そんなメンバーの中には幼児も含まれていることも多い。 ここで活躍してくれるのが我息子。
 小さい子供が大好きで、結構扱い方が上手。 今回もチビちゃんを上手に遊んでくれました
 日頃は怒られるのが趣味なのか?と思わせるほどなのだが、小さい子供がいるときには本当に役に立つ! また次回もヨロシク!!

 

2009年12月27日 (日)

マル秘計画進行中

 一度関東へ戻Iサン、一緒に小渕沢へ向うP・I上君を岩村田の駅まで送った後、宿主と妻は予てからの計画を実行に移すべくお買い物。
 夏から秋にかけて作製したジャムを年末年始にかけて小ぶりのビンに分けて密封し、お客さんに売り付けてしまおうというもの。
 今年は在庫に余裕がある「プルーン」と「桃」の二種類を販売の予定。 販売価格等は未定だが、お土産屋サンよりは良心的になるかな?
 但し、保存料などは一切入っていないので早めの消費を勧めるつもり。 まぁこの時期に宿泊して気に入った人は是非!お買い求めのほどを・・・

2009年12月26日 (土)

昨年の雪辱戦

 愛知在住のP・I上君、昨年は三輪舎に宿泊後北海道に空路向うべく中部国際空港に赴くも、雪のため欠航・中止の憂き目に遭った経験を有する。
 今年も懲りることなく北海道行き直前に三輪舎来襲。 しかし今回は「乗り鉄・北帰行二人旅」と銘打って、タッグを組むIサンと鉄路北へとこの後向うらしい。
 そりゃ鉄道が雪で運休ナンテ事態になったらマァ全国的にパニックだろうから・・・ とにかく今年はきちんと北海道に行けそうだね。
 今夜も宿主のバカセコ話で笑いながら更けて行ったのでした。

2009年12月25日 (金)

やや不満!

 ここ数日好天が続いたので、看板及び木製テーブル、椅子のニス塗装を敢行。 今回は色が入っていない「クリアー」を選択。
 先日とは打って変わった暖かな日射しの元作業は進行。 看板からテーブル、椅子と順調には進むのだが、既に退色甚だしかったものだからクリアーのニスではイマイチ綺麗になった実感に乏しい。 う~むやはりメープルとか着色料の入ったものにするべきだったか?
 しかし後悔役に立たず!このまま進んでいくしか道は無いのだ。 次回はキチンと色付きにしよう!

2009年12月24日 (木)

世の中はイブ!

 そぉ!世間はクリスマスイブなのだ! サスガに一昔前のような札束が飛び交う狂想曲的なイブは無いだろうがイブはイブ、TVもラジオもイブ一色。
 そのあおりはやや世間離れしている三輪舎にも及ぶ。 何せ息子はそうは言っても普通の子供と日々を過ごしているのだから・・・
 そこで夕食は先日仕入れたレシピの試食を兼ねて「鶏と野菜の赤ワイン煮」。 ねっ!何だかクリスマスっぽい感じでしょ!
 試食してみたらこれが存外美味しい。 そこで満場一致で三輪舎のメニューにリストアップ決定。 この冬の強力な助っ人に育ってくれそうです。
 でも今日は一種類入れるものを忘れていたのは内緒です!! まあとりあえず赤ワインとお子様ワインで乾杯なのだ。

2009年12月23日 (水)

ミニ忘年会

 まだ多少は雪が残っている中あぐりの湯まで家族で遠征。 例年は路面凍結で春までは足が遠のくあぐりの湯だが、今年はまだ大丈夫。 しかし大丈夫という事は寒くないということなので、三輪舎的には余り大丈夫デハナイ。
 しかし今日は一応我家の忘年会も兼ねているので、暫しの間「三輪舎」は忘れてゆっくりと湯治。 久々にワタシも料理無しの食事。 やはり作って貰うご飯は良いナァ・・・
 さて、充電も完了!これからスキーシーズンが終わるまでは頑張れるゾぅ!って言うか頑張れると良いな・・・

2009年12月22日 (火)

第一次寒波終了

 先週来続いていた寒さもどうやら一段落したようで、朝もさほど寒くは無い。 まぁ幾ら寒くは無いとはいえ、気温は零下。 昨日などは零下十度を下回ったんだからそれは今朝なんか暖かく感じるのも無理は無い。
 洗濯物も早い時間に干しても凍らないし、外に居ても寒くないので物置の整理などもしてみた。
 作業的には有り難いのだが、スキー場は大丈夫だろうか? 折角オープンしたのにいきなり休業は無いだろうナァ! この数年暖冬が続いたからチョト心配。
 しかしTVの特集では、近いうちに火山が噴火してその影響で地球規模で寒くなるという事もありえると言っていたが、それなら今のうちに温暖化させておいたほうがよいのか?
 

2009年12月21日 (月)

三輪舎の冬

 昨日、パラダスキー場が予定通りオープンしました。 昨年は全県的な雪不足が佐久にも波及し、オープン日が結構ずれ込んだので今年も心配してはいました。
 まぁ今年は先週の寒波で降雪量は少なかったものの、気温が低かったので機械でバンバンに降らせたんでしょう。
 とりあえずはリフト一本の営業のようですが、このまま順調に営業リフトが増えてくれたら良いんだが・・・
 

2009年12月20日 (日)

上には上が・・・

 今日も八千穂へ滑りに行くというK子、K泉クンを後輩・同僚を送り込むようにと言い聞かせてから見送る。 昨夜は楽しかったよ!またおいで!!
 久々に家族三人で温泉に行き、簡易忘年会。 しかし本日は、妻の昔の奉公先で一時一緒に働いていた愛知のK藤さんが仕事のついでに宿泊の予定。
 到着後、秋以来の談笑。 三輪舎のお客さんも大概「スゲー」人生を歩んでいる方が多いが上には上が居るもので、K藤さんの今だから笑える話に久々に夫婦二人で腹筋が破れるほどに笑わせてもらいました。 う~んサスガ!!
 貴重な話しをありがとうございました。

2009年12月19日 (土)

スキー客初日!

 番頭のH川が所用がてらお茶を飲みに寄ってくれた以外予約も無い週末、家族で遊びにいっちまおうか?と密某談義をしていた昼下がり。今シーズン初のスキー客から飛び込み予約。
 何でも今はまだ八千穂のスキー場で滑っている最中だとか。 我々も体制を整え直して掃除に洗濯とお仕事モードに切り替え。 そして無事に夕方お客さんの到着。
 今シーズン初のスキーのお客さんは三輪舎には珍しく二十台半ばの男性二人組み。 たまたまスキー場からパソコンで検索をかけたら三輪舎にヒットしたという、ラッキーなのかアンラッキーなのか判らないが「とほ」の宿は今日まで知らなかったらしい。
 コレを縁にまた利用してもらいたいものだね。 いや、三輪舎だけでも良いのだが・・・

2009年12月18日 (金)

今年は大丈夫かも!

 余りの雪不足でスキー場はどこもヒーヒー泣いていた昨年。 先週までは「今年もか?」と思わせるほどに雪が無かった。  例えばサンアルピナ鹿島槍スキー場はオープンセレモニーが、雪が無いので急遽「雪乞い祭り」に変更されたほど。
 しかし今日は県内北部を中心に大雪!。 佐久でも昼過ぎから今シーズン初の本格的な降雪で、玄関から向かいの県道が雪に煙って見えないほど。 まぁそこはサスガニ佐久、本格的な雪は二時間も続かず、後は降ったり止んだり・・・
 それでも多少は積もったかな? 各地のスキー場もこれで一安心できたのかもしれない。
今年はスキーも楽しめそうだな!

2009年12月17日 (木)

再び旅路へ

 P・T村クンが起き出して来た頃、外は天気予報どおり「雪」。 新潟経由で西へと向う彼はノーマルタイヤのFR車。 しかも新潟に行かないとスタッドレスタイヤは無い。
 それでも朝食を終えてゆっくりしている間に佐久は雪も止み、所々晴れ間も出てきたのでこの期を逃さず出発。 またその内っ戻っておいで!!
 一人に戻り掃除に洗濯。 午後になるに従い天気は快復し、夜になる頃には全天の星空。
天気予報ではさしもの佐久も明日から雪!とのことだが、この空を見る限りではどこで降ろうが晴れていそうな気がしてくる。 まぁ多少は降ってくれないとスキー場のオープンが今年も遅れてしまうのでそれも問題。 しかしスキー場もオープンしていないのに雪が降るとお客さんが来ないのでそれも問題。 困った困った・・・

2009年12月16日 (水)

北国から生還

 早めに洗濯はするのだが、午前中は外気温がこの数日マイナスなので外には干せず、やっと昼頃に外へと移動。 しかし夕方早くにはまた気温は限りなくマイナスへと下降するので慌ててまた室内へ避難。 一日では洗濯物が乾かなくなってきた。 
 そんな夕方、夏前に信濃川上に畑の仕事に出発したまま音沙汰の無かった「ポール」ことT村クン(以下P・T村クン)から飛び込み予約の雷電。「おおっ!!生きてたかぁ!!」
 夜にゆっくりと事情聴取。 三輪舎を出てから川上へ行ったらしいが、事情により一路北海道を目指し、そちらで秋の終わりまで働いていたらしい。
 まぁ今後の方向もある程度決まったようだし、何より無事で一安心。 明日は新潟に行くらしいが、日本海側は大雪。 チョッと心配。

2009年12月15日 (火)

実は一週間ぶり

 先週の水曜から毎日お客さんが居た。 しかし毎日一人ずつなので忙しいって訳ではなかった。 とはいえ丸一日誰も来てくれないのはやはり寂しいもの。
 一度コタツなんかに入ろうものならそのまま部屋のオブジェと化してしまうのは火を見るより明らかなので、ここ数日痛む腰を押さえてヨタヨタと部屋を出て、寂しさにシクシク泣きながらキッチン大掃除の続き。
 特に今週に入ってから寒さがキツクなり、水の冷たさが身に滲みる。

2009年12月14日 (月)

外は白い雪の・・・朝

 昨日群馬から初参戦してくれたY永クン、今回はノーマルタイヤだったので雪と凍結には割りとナーバス。 そんな時に限って降ったりするんだナァ雪って。
 昨夜半から降り出した雪は当然の様にパウダー。 こんな雪が意外に積もったりするんだよナァ。 などと言いつつ布団に潜り込んだ昨夜。
 目が覚めるころには「勘弁してやるよ!」という様にホンの三cmの積雪だけ残しての曇り空。 舗装路は湿ってはいるものの凍結もしていない様子。 まだ地面の温度は高いんだな。
 今シーズン初めて雪景色を眺めたY永クン、道路の心配も無さそうなので景色を楽しむ余裕も有るらしい。 その後穂の香の湯経由で帰宅の途。
 その後も天気は二時間おきにコロコロ変わり、朝は曇り・午前中晴れ・昼過ぎ曇り・夕方再び雪。 今週は本格的に寒くなるらしい。 エーギョー的には言いたくないが、週末には雪の予報が出ているので車でのお出かけにはしっかりと対策を!!

2009年12月13日 (日)

宮掃除

 今朝は6時半から近くの神社の参道の掃除の日。 大きい神社ではないがキッチリと地元の氏神様として機能している。 
 有り難い事にこの時期にしては寒くなく、手がかじかむようなことも無し。 日頃から手入れが行き届いているので、掃除もそんなに時間はかからない。
 後一月もせずに大晦日、回覧板でも回ってくるが大晦日の23時45分この神社に地区の住民は集合して、年を跨いでお参りをする「二年参り」がある。
 三輪舎も去年同様お客さんを引率して参加の予定。 これはこれでナカナカ雰囲気があって良いモノ。
 一緒に「二年参り」に行かないかい?

2009年12月12日 (土)

スマナイネェ

 昨日は雨・トコロにより雪!という荒天の中、わざわざぶどう峠を車で越えてきた剛の者Y村さんは初来舎でした。 さて今日はどこを通って帰ったかな?
 入れ替わりに予約来電はS木クン、諏訪湖でのワカサギ釣りの帰り(?)に寄ってくれるらしい。 
 前回も釣果のワカサギを持参してくれたのでフライにしたところ、同宿者から好評を博したものでした。 今回もそこそこの量の釣果を持ってきてくれました。 いつも有難う。
 しかし今日は「貸切」。 妻と三人で美味しく賞味したが、S木クンには少し寂しかったかな?

2009年12月11日 (金)

やっぱり苦手・・・

 宿主に騙されないように早めに帰宅の途に就いたK岡くん、道は凍結していなかったかな? 少し心配です。
 しかし他人の心配をしている場合ではなく、神妙な面持ちで妻と二人で座っているのは息子のクラスの机。 そう、学年末を前にして「個別懇談会」があったのです。
 頭では「懇談会」と分かってはいても心理的には「呼び出し」的な感じ。 まぁ息子の行状とワタシの過去を顧みれば致し方ないコトではあるのだが。
 結果的には家の様子と学校の行動を比べて見てもまぁ一緒、大して誉められもせず、ぐれてきた訳でも無くまぁ良しとしましょう。
 しかし本人も親も未だに来年から中学生、という実感は足りないのかナァ。

2009年12月10日 (木)

冬の夜

 午前中、ゆっくりとしていたK岡くんは宿主の口車に乗せられ連泊の憂き目に遭う。 一日を自分なりにゆっくりと過ごし、軽井沢と佐久のクリスマスイルミネーションを見物して夕方帰舎。 まぁそんな一日も良かったのでは?
 夕食は久し振りに我家を含めて四人で「鍋」。 冬の夜はやはりコタツで仲良くつつく鍋!タマラナイものがあるよね。
 なかなかこんな正統派「冬の夜」も家族三人ではつまらないので、今夜は貴重な一夜になりました。 K岡くん・アリガトネ。
 

2009年12月 9日 (水)

冬支度進む

 宿主の愛車はダイハツの「ミラ」、しかも友人からの貰い物。 預かっていたスタッドレスタイヤも一緒にいただきました。 この前の日曜日に目の前の県道が凍結していたことから、そろそろタイヤを履き替えなければ・・・と思ってはいたので今日いよいよ履き替え。
 一度は業者に持ち込んだのだが、料金を聞いてあまりの高さにそのまま帰宅。 玄関前にクルマを止めて作業開始。 小一時間で終了。
 夜には2ヶ月ほど音沙汰の無かった「真夜中の訪問者」K岡くんから予約の電話。 当然のように今日の夜半に到着との事。
 三輪舎のことを忘れ去っていたんじゃなかったんだね! あ~っよかった。 今夜は比較的暖かだから凍結の心配もないから待つ身としては安心だ!

2009年12月 7日 (月)

年末進行

 これを読んでいる皆様もいよいよ年末進行モードに入り忙しい日々をお過ごしでしょう。
三輪舎といえば年末もクソも猫も無い、いつもと変わらない日々が流れてはいますがそれでも色々と早めに済ませておかなくてはいけないことも増えています。
 その一つがゴミの始末。 佐久はそこそこ分別が細かい方なので、意外に早く今年最終の回収日がやってきてアタフタしたりする。
 三輪舎は意外に収納スペースが少なく、自宅部分も色んなモノが仕舞いきれなくてヨタヨタと部屋の中に迷い出てきている。 必要なものでもそういった状況なので、不要なもの・もしくはゴミとなると当然行き場は無い。 大きな不要物は「とりあえずここに・・・」などと目立たない場所に安置され、そのまま忘却の彼方に追いやられている場合が多い。
 そこで家の周りを見て歩き、不要物やゴミの分別・回収作業を行う。 複雑骨折を負い死亡した木のベンチ、布が破れて尻がはまり込むチェアーなどは業者に持ち込み埋葬してもらう。 これが結構な金額になるが致し方ない。
 これで多少は三輪舎の周囲もきれいになったかな?  

冬ならでは

 今朝も零下5度位までは下がったようで玄関前の畑は霜で真っ白になり、多分目の前の県道も薄く凍結しているのだろう。
 こんな季節になると、浅間山がキッチリとクリアーに映える。 但し冷え込みが強すぎると手前の湯川から川霧が立ち上がり、浅間の姿を邪魔したりもする。
 昨日夜になってから初来舎してくれた箱根のI藤クン、こんな浅間山を見られてラッキーだったね。 何回来てもその度曇りで浅間山を見たことが無い人がいるのに。
 今日は佐久市内のせせらぎ温泉経由で三輪舎を後にしたが、如何だったかな? また仕事の余裕が出来たら是非遊びにおいでよ!

2009年12月 6日 (日)

季節は進む

 早立ちのF林サンを見送り、卓球の試合に出る息子を体育館まで送る。 昨日の雨もすっかり上がり、朝から晴れて放射冷却バンバン!
 思ったとおり家の前の県道は凍結中。 未だタイヤを履き替えていないのでガラにも無く慎重に車を運転。 凍結路とは言えこの時期の凍結なら「急」がつく操作をしなければまだノーマルタイヤでもなんとかなる。
 怖いのは雪が積もった翌朝。 みっちりと凍り、その上皆がスタッドレスタイヤで磨くものだからホントにツルツル。 こうなるといくらスタッドレスでも一度滑ると後は「運」任せにしかならない。 まぁこんな日はほとんど無く、タイヤ交換しなくても良かったか?という年がほとんどだが・・・ しかし交換しないで通す度胸は無い!
 来週中には交換だなぁ。

2009年12月 5日 (土)

赤大根

 雪にならないのが不思議なほど冷たい雨が断続的に朝から降っています。 こんな日は外なんか出ずに一日中コタツでシアワセ・シアワセと呟いていたいが、今日は今年最後の水汲みに来るF林サンが来舎するので勇をふるって買い物へ。
 そのF林サン、早めの時間に一度立ち寄ってくれて差し入れに「赤大根」を下さった。 頂いたは良いがサテどうしたものか?
 とりあえず妻と二人で生食。 コレは美味しい!下手に火を通すよりもそのまま食べた方が良いかも。 そこで今夜は薄くスライスしてサラダに。
 赤い皮は意外なほど薄く、赤い茎も一枚皮をむくと普通の大根の茎と変わらない味だが、今回はやや萎びているので使わなかったが、充分食用になる。
 飛び込み来舎の三重のS木サンも交えて飲酒歓談。 お酒は呑まないF林サン、遅くまでお付き合い有難うございました。 赤大根、美味しかったね!

2009年12月 3日 (木)

宿主来襲

 昼過ぎ、十勝の「こもれび」の宿主川勝さんから予約の電話。 ブログで、京都大会出席及び帰省のため青森経由で南下中、という情報は知っていたがマサカ三輪舎にいらっしゃるとは・・・
 丁度出かけていたので大急ぎで所用を済ませ、夕方帰舎。 「今日はまさか予約ははいるめぃ」と油断していたので、仕事から戻った妻と慌てて態勢を整える。
 京都大会に向けてアルコールは自粛だった川勝さん、ほぼシラフで我らのバカ与太話におつきあい頂きアリガトウゴザイマシタ。 また機会が有りましたら是非お立ち寄り下さい。

2009年12月 2日 (水)

畑だって!

 陽が高くなり、気温も順調に上がってきたので畑のお片づけを開始。 貸し農園としてT花家が使っていた部分、トウモロコシに「害獣除け」として囲っていたネットの撤去。
 先日妻と「コレは来年も使えるナ」と確認したので破らないように慎重にヒモを外していく。
さすがに土を覆っていた「マルチ」ビニールは廃棄処分。
 こうして晴れてさえいれば外に居ても汗ばむように温かい。 まだ土の温度もソコソコ高いから年内は雪が降ってもすぐに融けそう。 しかし後一月もすればスコップでも歯が立たないくらい地面は硬く凍りつくんだよな。
 そんな季節もまもなくです。 でも今しばらくは大丈夫!!

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »